【生き方】否定しない生き方 無敵の生き方

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

否定しない生き方 

無敵の生き方

  

  

  

  

  

  

  

 

  

  

不満や愚痴を言わなくなると、

人生がおもしろくなる話

  

  

   

  

  

  

  

  

  

 

   

  

 

 

  

 

  

     

   

  

  

  

  

  

  

  

何があっても「五戒」を言わず

  

口から出る言葉がすべて優しく

  

周囲の人を元気にするものであれば

  

地球や宇宙を味方につけることができる。

  

  

   

  

✔️五戒とは

「五戒」=「不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句」

  

  

  

  

  

   

  

  

✔️地球や宇宙を敵に回している人の共通項

「辛い、悲しい、つまらない、嫌だ、嫌い、

不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句」

などの否定的な言葉をよく使う

  

   

   

  

  

   

✔️やる気がなくても働いて良い

やる気は無闇に使ってはいけない

  

  

  

  

  

  

  

✔️究極に幸せな人の共通項

少食な人

(いろんな意味で)筋肉がある人

人と比べない人

競わない人・争わない人

何があっても、常に穏やかな人

   

  

  

   

   

  

  

  

  

無敵を生み出す「き・く・あ」の心

  

  

   

  

✔️「き・く・あ」

き・・・競わない

く・・・比べない

あ・・・争わない

  

  

  

  

競争には、キリがない。

  

他人との比較も、キリがない。

  

争いも、不毛なのでやめる。

  

  

  

  

  

  

幸せは、

競うこと、比べること、争うことで

手に入るものではない。

  

  

  

 

「勝つことが、正しいこと」ではない。

  

  

  

  

  

   

「自分は、勝ち組だ」

    

「自分は、負け組だ」

  

そんな、

他人と比べても

しかたない勝負は

  

もう、終わりにする。

   

  

  

   

   

「お金を稼げない=価値のない人間」

  

ではない。

  

 

  

  

  

  

人と競い合って

自分のためだけに生きるよりも

    

人に何かをしてあげることで喜ばれ

自分も人の好意に素直に甘えて

それに感謝して生きる方が

   

ストレスもなく

心温まる豊かな人生になる。

  

  

  

  

  

  

  

  

  

戦わないで、争わない方法は

簡単だし、楽しいし

敵も作らない。

  

  

別に、他人に媚びることではない。

  

   

   

「無敵」の本質は、「敵が無い」こと。

  

   

  

  

  

争いに来た相手すべてを

味方にしてしまうのが「無敵」。

  

  

   

   

根源的な解決方法は、「気にならない」

  

  

  

✔️根源的な解決方法

「気にならない」状態

  

  

   

「気にしない」≠「気にならない」

「気にしない」と「気にならない」は異なる

  

  

  

  

  

「気にしない」状態

I don’t mind.

(いわゆる、ドンマイ)

   

  

  

  

「気にならない」状態

There is no problem.

(どこにも問題がない)

  

  

  

  

✔️「気にならない」状態

・「問題を問題として認識しない」という

  人格のありよう・あり方。

   

・問題を根本的に生み出さない

  根源的な解決方法。

  

  

   

  

  

 

「自分」が変わることは簡単

  

  

「自分」が変わることは簡単。

  

  

  

  

なぜなら、多くの他人を変える必要はなく、

変えるべき相手は一人だけ、

自分自身だから。

  

   

   

   

  

✔️変えるべき相手

×・・・他人を変える

⚪︎・・・自分自身を変える

   

  

  

自分自身が、変わりたいように変われば良いだけ。  

  

  

  

  

それは、自分にとっても、

最も居心地が良い心の状態を作り出す。

  

  

   

   

  

  

 

自分が人格者になれば早く楽になる話

   

  

 

✔️人間関係をオールマイティーに解決する方法

✔️心を楽にして生きる方法

自分が人格者になれば良い

  

  

  

  

  

人格者になるということは、

誰に何を言われても、

もの前にどんな現象や出来事が起きても、

それについて怒らない、腹を立てない、

怒鳴らない、イライラしない、

声を荒げない、

ということに他ならない。

  

  

  

  

  

自分にとって

楽しいと思える人格を作ること

  

  

   

   

自分が

人格者になってしまうこと

  

  

  

   

  

  

  

  

「金」じゃなくてもいい。

「銀」じゃなくてもいい。

 どうでもいい。

  

  

  

  

世間体が、どうととか、

そんなことは、どうでも良い。

    

  

  

  

  

  

   

  

周りの現象や出来事を

いつも同じ穏やかさで

対応していくことが、

   

自分にとって、

一番「ラク」であり

一番「得」な方法。

 

  

  

  

  

それは、

あなたにとっても、自分にとっても。

  

   

  

  

  

 

       

  

    

    

  

おしまい

しみりょう について

興味があること: 人間関係論 結婚 仕事 内向型向け思考法 内向型向けビジネス 独身向けビシネス 冷え性対策 お酒との付き合い方 アドラー心理学 課題の分離 人生の嘘 哲学 音の治療 リーキーガット 腸活 反応しない練習 マインドフルネス アセンション
カテゴリー: 358, Life Options, マインドフルネス, メンタルヘルス, リーダーの思考法, 人生の難易度を下げる行動, 否定しない生き方, 哲学, 心を軽くする思考法, 無敵の生き方, 生き方 パーマリンク