【牛窪 恵】恋愛しない若者たち【紹介】

恋愛しない

   

若者たち

  

   

コンビニ化する性と

  

コスパ化する結婚

  

  

  

   

  

  

恋愛至上主義の終焉と

結婚の危機

  

  

  

恋愛とセックスと

結婚の三位一体は崩壊

  

  

  

「いつかは結婚したい。でも恋愛は面倒。」

  

「夫はいらない、欲しいのは子どもだけ」

  

「ラブホもワリカン」

  

「恋愛はコスパに合わない」

  

「恋愛にはリスクがいっぱい」

  

「パパやママといるほうが楽しい」

  

「すぐそこにある、離婚という恋愛不良債権」……。

  

  

  

  

  

  

女性7割強、男性8割弱

の20歳にいま、

彼氏・彼女がいない。

  

  

  

  

また恋人ナシの20代の4割が

「いらない」

と言い切る。

  

  

  

  

  

でも、

その一方で

20代女性の7人に1人

にセフレがいて、

同男女の9割以上は

「いずれ結婚はしたい」

と言う。

  

  

  

  

「面倒な恋愛から解放されるためにも」

かつて、

恋愛とは青春の象徴であった。

  

  

  

いま若者たちの間に

何が起こっているのか?

  

  

  

  

   

新語・流行語大賞に

ノミネートされた

「草食系(男子)」や

「おひとりさま(マーケット)」

を世に広め、

若者たちの変容や

人生観に詳しく、

  

  

TVや雑誌でもおなじみの

マーケティングライター・牛窪恵が、

識者や若者への徹底取材

ならびに本書のための

徹底した定量調査も行い、

  

  

  

その実態と傾向から

非恋愛時代の

新しい結婚の

カタチを探る……

  

  

  

  

そこから見えたのは、

バブル崩壊後に

起こった数々の

「恋愛革命(レボリューション)」

だった

   

  

  

  

  

  

「若者にとって、恋愛がとても

 『面倒』な時代になった」

(関西大学・教授 谷本奈穂氏)

  

  

「現20代男女にとって、

 恋愛は精神的に『重い』もの」

(和光大学・准教授 高坂康雅氏)

  

  

「現実主義となったいまの若者から見て、

 恋愛は『コスパ』に合わない」

(中央大学・教授 山田昌弘氏)

  

  

  

  

  

  

  

  

    

  

  

<目次>

第一章

恋愛レボリューション

何が若者たちを恋愛から遠ざけているのか? 

    

  

若者たちの恋愛阻害要因1

「超情報化社会」がもたらした功罪

──バーチャル恋愛とリアル恋愛の狭間で

  

   

若者たちの恋愛阻害要因2

「男女平等社会」と「男女不平等恋愛」

のギャップとジレンマ

──昭和の恋愛幻想に縛られる若者たち

  

  

若者たちの恋愛阻害要因3

超親ラブ族の出現と恋愛意欲の封じ込め

――なぜ子離れできない親が増えたのか?

  

  

若者たちの恋愛阻害要因4

恋愛リスクの露呈と、

若者たちのリスク回避

――「自己責任」に脅える恋愛事情

  

   

若者たちの恋愛阻害要因5

バブル崩壊と長引く不況が招いた、

恋愛格差社会

──非正規では恋愛もできない? 

  

  

  

第二章

恋愛とセックスと結婚の歴史、

そして、

世界事情 恋愛と告白、

結婚は相容れない! ?

  

   

   

第三章

恋愛結婚から「連帯結婚」へ

圏外やコスパ、

多様な結婚を受け入れよう

  

  

  

  

おしまい

  

しみりょう について

興味があること: 人間関係論 結婚 仕事 内向型向け思考法 内向型向けビジネス 独身向けビシネス 冷え性対策 お酒との付き合い方 アドラー心理学 課題の分離 人生の嘘 哲学 音の治療 リーキーガット 腸活 反応しない練習 マインドフルネス アセンション
カテゴリー: Love theory, 本の紹介, 生き方, 結婚制度に関して思うこと パーマリンク