睡眠こそ最強の解決策である【紹介】

   

アメリカ、イギリスでベストセラーの睡眠本

  

  

眠ることは人生の重要な側面にも関わらず、

現代社会には睡眠不足が蔓延しています。

この深刻な問題の解決に向けて、

睡眠科学の第一人者マシュー・ウォーカー教授が、

つい最近まで解明されていなかった

睡眠と夢のパワーについて新しい知見を紹介する一冊。

   

  

ガーデン紙やタイム誌も絶賛!

アメリカの公共ラジオNPRの2017年ベストブックスに選出!

サンデータイムズ、ノンフィクションベストセラー2位!

世界各国からオファー殺到の睡眠本、ついに日本初上陸!

    

   

睡眠7時間以内だと早死にする? 

学習前に仮眠をとると、学習能力が飛躍的に高まる?

――NBA、NFL、ピクサー…

最強の睡眠コンサルタントが教える最強の睡眠法

  

   

世界的に著名な神経科学者かつ睡眠のエキスパートが、

睡眠科学の最新知識を提供する。

  

本書は、

知的好奇心を満たすだけでなく、

睡眠の量と質を疎かにすることが、

いかに、健康、安全、ビジネスにとって

悪影響を与えるかについて具体的に説明する。

生き方をも変えるかもしれない本書は必読書である。

―アダム・ガザレイ博士氏

(米カリフォルニア大学サンフランシスコ校神経学・心理学・精神医学教授)

  

   

  

睡眠の謎について早急に解決する新しい科学について分かりやすく説明する。

非常に面白く、読者は寝る時間も忘れて本書のページをめくることだろう。

―ダニエル・ギルバート(ハーバード大学心理学教授)

  

    

   

いま世界中が快適な眠りを求め、

「睡眠ビジネス」が注目を集めています。

そんななか、20年間睡眠を研究し、

カリフォルニア大学バークリー校睡眠・神経画像ラボラトリーの所長として、

名だたる企業の睡眠コンサルタントを務めるマシュー・ウォーカー氏の本書は、

最強の睡眠を語るのにふさわしい睡眠大全とも位置付けられる一冊でしょう。

   

本書では、

「睡眠とは何か?」というそもそもの話から、

最新の研究で明らかになった睡眠の様々な効果を明かすとともに、

睡眠の科学を社会でどのように役立てることができるのかを描きます。

  

  

   

   

   

✔️本書の目次

PART1 眠りとは何か?

   

PART2 なぜ眠りが重要なのか?

    

PART3 なぜ夢を見るのか?

   

PART4 睡眠とどう向き合うべきか?

    

おわりに──眠るべきか、眠らざるべきか

   

付録──健やかな眠りのための12のアドバイス

    

  

  

  

✔️著者について

睡眠コンサルタント。

カルフォルニア大学バークレー校教授。

睡眠・神経イメージ研究室所長。

  

英国ノッティンガム大学で神経科学の学士号を取得し、

英国ロンドンのMedical Research Councilから神経生理学の博士号を取得。

 

その後、ハーバード大学医学部の精神科助教授に就任。

  

2007年にはカリフォルニア大学バークレー校に入学し、

現在は神経科学と心理学の教授であり、

睡眠と神経イメージング研究室のディレクターを務める。

  

また、国立科学財団と国立衛生研究所から数多くの資金賞を受賞し、

国立科学アカデミーの主任研究員としても活躍している。

  

健康と病気の集団における人間の脳機能に対する睡眠の影響を研究し、

今日までに80以上の科学研究調査を発表している。

  

また、テレビ、ラジオ、メディアに多数登場し、

海外での講演も多数行っている。

  

–このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

  

おしまい

しみりょう について

興味があること: 人間関係論 結婚 仕事 内向型向け思考法 内向型向けビジネス 独身向けビシネス 冷え性対策 お酒との付き合い方 アドラー心理学 課題の分離 人生の嘘 哲学 音の治療 リーキーガット 腸活 反応しない練習 マインドフルネス アセンション
カテゴリー: 未分類, 本の紹介, 眠れない・不眠症 パーマリンク