【ブランディング ?】「ブランディング」が必要な話

「ブランディング」?

   

   

✔️結論

オリジナリティ的な感じ

   

   

    

    

✔️ブランディングとは?

「ブランド」を形作るための

様々な活動を指して使われる言葉。

  

    

    

✔️ブランドとは?

「ブランド」というのは、

簡単に言えばある商品を

別の(類似した)商品から区別するための一連の要素。

  

商品のデザインやシンボルマーク、

商標、名称、キャッチフレーズ、記号など

様々な要素が組み合わさってブランドを形作る。

  

   

✔️ブランディング

そのような「ブランド」を消費者に認知させ、

市場における自社(商品)のポジションを

明確化するのが「ブランディング」という活動。

  

  

分かりやすく言うと、

「〇〇といえばあの商品」

「このシンボルマークはあのサービス」…

といった意識を

ターゲット市場に浸透させるのが

ブランディングという活動の目的。

    

    

✔️なぜブランディングが必要なのか 

ブランディングの成功が、

集客、販促、PRといったあらゆる局面において、

活動を有利に進めることに寄与するから。

   

ブランディングを行うということは、

ターゲット市場において

「〇〇といえばあの商品」という意識を根付かせるということ。

例でいうと、

「ゆったりコーヒーを飲むならスターバックス」

という意識が市場に浸透していれば

多額の広告費や販促費を投入して集客活動を行わなくても

顧客を獲得することが可能。

  

広告宣伝費や販促にかかるコストが削減できれば、

その分を商品開発や顧客サービスの充実に投下することができる。

   

また、

ブランドが確立されれば、

競合他社とのし烈な価格競争から

離脱することもできる。

    

ブランディング活動を展開するにも当然コストがかかる。

  

  

特に、

ターゲット市場に既に強力な競合がブランドを確立してしまっている場合、

それを覆すのは並大抵のことではない。

  

ブランディングにコストをかけて

他のコストを削るのか、

ブランディングは行わずに

個別の施策を展開していくのかは

戦略次第。

   

自社が販売する商材やサービスが

ターゲット市場において

オンリーワンのブランドとなれる可能性があるのであれば、

挑戦してみる価値は十分にある。

   

   

   

    

✔️ブランディングで具体的に何をするのか?

  

ブランディングのためだけに行う特殊な

マーケティング施策があるわけではない。

    

そうではなく、

「広告宣伝や販促、PR、顧客とのコミュニケーションといった

マーケティングにおける一連の活動の根底にブランディングという概念を置く」

というのが、より実情に近いと言える。

  

つまり、

まずは自社の商品の価値をブランドとして明確にした上で、

そのブランドの価値が正しく伝わるように

様々な施策を打っていくということ。

  

たとえば、

自社の商品を「高級化粧御品」として

ブランディングしたいなら、

広告やPR用のキャッチフレーズに「激安」

という言葉は使うべきではない。

   

自社商品のブランドを明確にしていないが故に、

こうした失敗を冒してしまうケースは

枚挙にいとまがありません。

  

  

  

✔️Webマーケティングにおけるブランディング

Webマーケティングにおいても、

ブランディングに活用できる施策は数多くある。

  

Webサイトをブランディングに役立てることもできますし、

ブログを通じたコンテンツマーケティングや、

SNSの運用、広告、アフィリエイトといった

施策を通じてブランディングを行うことももちろん可能。

  

ブランディングのためだけの特別な施策があるというより、

Webマーケティングで展開される様々な施策を

ブランディングに役立てるのだと考えた方が分かりやすい。

  

   

Webサイトにしても

SNSアカウントの運用にしても

ブランディングを全く意識することなく

展開されることは少なくない。

   

一方で、

ブランディングを意識して活用すれば、

同時にその方面への効果をも上げていくことが可能。

  

なお、

ブランド認知度を高めることを

目的としてマーケティング活動を行う場合も多々ある。

    

たとえば、

広告は一般に集客のために用いる施策だが、

動画広告や大手サイトにおけるバナー広告などを

ブランドの認知度向上に役立てることもできる。

   

  

  

✔️ブランディングで意識すべきポイント

ブランディングを展開する上で重要なのは、

「誰に何を伝えるのか」をあらかじめ明確にしておくこと。

  

自社(商品)と顧客について深く理解するのは

マーケティングの基本中の基本ですが、

ブランディングにおいても同じことが言える。

  

ブランディングとは

ターゲットに対して

自社の商品の価値を分かりやすく伝えていくという活動。

何を伝えるのか、

つまり

どの商品のどんな価値を伝えるのかが

明らかになっていなければ、

伝えるべきメッセージを組み立てることができない。

   

また、

誰がターゲットなのかが曖昧であれば

ターゲットの心に届くメッセージを作ることもできない。

    

   

   

  

おしまい 

  

   

  

  

   

✔️「ブランディング」とは

正しい意味を理解しよう

  

https://innova-jp.com/branding/

   

   

    

   

✔️なぜあらゆる企業にブランディングが必要なのか?

ブランド戦略の全体像を解説した1冊

  

https://markezine.jp/article/detail/33287

   

  

✔️「ブランディング」はなぜ必要?

あなたは説明できますか?

  

https://ferret-plus.com/10893

      

   

しみりょう について

興味があること: 人間関係論 結婚 仕事 内向型向け思考法 内向型向けビジネス 独身向けビシネス 冷え性対策 お酒との付き合い方 アドラー心理学 課題の分離 人生の嘘 哲学 音の治療 リーキーガット 腸活 反応しない練習 マインドフルネス アセンション
カテゴリー: Blog, Webマーケティング, 「自転車 × IT」を考える, コンテンツ マーケティング, フリーランス・副業・転職, 備忘録, 未分類 パーマリンク