敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント【紹介】

 

 

「なぜこんなに疲れる?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敏感な人 …… 5人に1人

 

内向的な人 …… 2,3人に1人

 

“敏感な人” や “内向的な人” が

生きづらい世の中で

自分らしく生きる6つのヒント

 

 

 

 

「読んで心が楽になりました」

 

「涙が出ました」  

 

「敏感すぎる人たちへの救いの書」

 

嬉しい反響を続々いただいた

『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』

の著者最新作

 

 

*敏感な人…… HSP(Highly Sensitive Person)

 

 

敏感な人や内向的な人は

高い能力を持っています。

  

 

今の社会は

外向的で鈍感な人ばかりがうまく渡り歩き

内向的な人や敏感な人は

損をしているように見えるかもしれません。

 


しかし

自分の個性にきちんと向き合い

それを上手に生かすことができれば

敏感で内向的な自分のままで

じゅうぶんラクに生きていけるのです。

 

 

本書では、

そのためのヒントをひとつひとつ具体的に、

丁寧にお伝えしていきます。

きっと、日々の生活で役立てていただけるはずです。

 

 

 

 

━━━ CHECK1 あなたも敏感な人? ━━━━━━━━━


☑️毎日、1人でいる時間が必要


☑️他の人が気にならない光や香りにも、ひどくいら立たされる


☑️世間話より、信頼関係に基づく、深くて意義のある会話のほうが好きだ


☑️争いやケンカをするのが苦手


☑️静寂のなか自然散策すると気分がよくなる ……etc.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

 

━━━ CHECK2 あなたも内向的な人? ━━━━━━━━


☑️周りの人たちがせわしなくしている場所にいるより、一人で落ち着いて静かにしているほうが好き


☑️自分はたいてい静かで落ち着いた調子で話し、声のトーンが上がることは滅多にない


☑️なにかの答えを探すとき、外に答えを求めるのではなく、自分の気持ちや直感などの心の声に耳を傾ける ……etc.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

 

✔️CONTENS

◎ 巻頭付録 

〜あなたは過敏な人?内向的な人?〜

Test1 敏感度診断テスト

Test2 内向度/外向度診断テスト

  

◎はじめに

  

  

◎プロローグ

〜“敏感な人” と “内向的な人” の特徴〜

  

  

◎ ラクに生きるヒント1  

〜過度な刺激から自分を守る〜

  

  

◎ ラクに生きるヒント2  

〜堂々巡りの不安を断ち切る〜

  

  

◎ ラクに生きるヒント3  

〜日々に喜びや意義を見いだす〜

  

  

◎ ラクに生きるヒント4  

〜不快なコミュニケーションを回避する〜

  

  

◎ ラクに生きるヒント5  

〜自分に正直な選択をする〜

  

  

◎ ラクに生きるヒント6  

〜自分の個性を快く受け入れる〜

  

  

◎あとがき

  

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

出版社からのコメント

敏感な人や内向的な人がこの世界で

「自分らしくありたい」

と声を上げはじめている 

 

 

とても敏感な人(HSP Highly Sens1t1ve Person) は5人に1人

内向的な人は2、3人に1人

いるとされています。


この数字を見てもわかるとおり

実は敏感な人や内向的な人は大勢います。

 


自分自身がそうであるとか

家族、友人、同僚に思い当たる人がいる

という方がほとんどではないでしょうか。

 


著者である私も

〝内向的なHSP″ です。


自身の経験を生かして

心理療法士として

長年敏感な人や内向的な人の

ケアをしてきました。

 

私は

敏感であることや内向的であることが

近い将来市民権を得て認められるようになるのではないか

と期待しています。

 


また

その変化を少しずつ感じています。

 


それでも多くの人が今でも

労働市場で活躍できるチャンス

が減るのを危惧して


自分が敏感であったり

内向的であったり

することを公にするのをためらっています。

 

今の社会のなかでは

控えめで

集団の中心から外れて

狭く深い人間関係を築こうとする人

よりも


多くの人と

積極的に関わる

外向的な人のほうが

評価されやすい

のが現実です。

 


そのような

なかで生きていかねばならぬ

困難さを感じている人

も少なくないでしょう。

 

しかし

実際には

敏感な人や内向的な人の多くは

能力が高く

さまざまな才能を持っています。

 


物事を深く

多角的に考える力

相手の気持ちを察して

気配りできる力があり


想像力が豊かで

クリエイティブな才能

に恵まれているなど

たくさんあります。

 


私たちが

敏感で内向的な自分を受け入れて

自分の特性を生かせば


それは他の人の見本となって

水面の輪のように広がっていきます。

 


自分に自信を持てるようになった人の多くは

萎縮したり

自分を恥じたりすることなく

社会にいられるようになるでしょう。

 

 

これまで世のなかに蔓延していた

"異質なもの"への恐怖は


「人間のあり方や行動には多様性があり

それぞれの人が自分らしく生きる

のは素晴らしいことである」

という認識に

いつか取って代わっていくでしょう。

 


そして

 

「敏感であろうと

活発であろうと

男性だろうと女性だろうと

国籍・出自にかかわらず

誰しもが等しく価値がある」

 

という認識が、世のなかに広まっていきますように。

 

――デンマーク・ラディングより イルセ・サン

 

 

 

 

著者について

イルセ・サン Ilse Sand
心理療法士。デンマークのオーフス大学で神学を学び、C・G・ユングとキルケゴールに関する修士論文を執筆。また、いくつかの心理療法的アプローチの訓練を受けており、デンマークの心理療法的協会の会員でもある。数年間、デンマーク国教会の教区司祭を務め、現在はスーパーバイザー、トレーナー、講演者、セラピストとして活動している。主な著書は、『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』『心がつながるのが怖い―愛と自己防衛』(ともにディスカヴァー)などがある。

枇谷玲子 Reiko Hidani
1980年、富山県生まれ。2003年、デンマーク教育大学児童文学センターに留学(学位未取得)。2005年、大阪外国語大学卒業。北欧の書籍の翻訳紹介に注力している。主な訳書に『キュッパのはくぶつかん』(オーシル・カンスタ・ヨンセン作、福音館書店)、『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』『心がつながるのが怖い―愛と自己防衛』(ともにイルセ・サン著、ディスカヴァー)、『北欧に学ぶ小さなフェミニストの本』(サッサ・ブーレグレーン著、岩崎書店)などがある。

 

おしまい

しみりょう について

興味があること: 人間関係論 結婚 仕事 内向型向け思考法 内向型向けビジネス 独身向けビシネス 冷え性対策 お酒との付き合い方 アドラー心理学 課題の分離 人生の嘘 哲学 音の治療 リーキーガット 腸活 反応しない練習 マインドフルネス アセンション
カテゴリー: HSP, フリーランス・副業・転職, 人生の難易度を下げる行動, 備忘録, 内向型, 哲学, 未分類, 本の紹介, 生き方, 買ってよかったもの パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です