【重要】ギクシャクする原因を紹介する【適当な者間距離】

  

課題の分離

  

承認欲の否定

  

  

✔️今回の目次

  1. コミュニケーション不足
  2. お互いがんこ
  3. 課題の分離が出来てない
  4. 許す
  5. 感謝する
  6. 素直さ
  7. 受け入れる
  8. セロトニン
  9. 自己分析
  10. まとめ

  

  

1.コミュニケーション不足

  • 酔っ払いながらLINEでも、
  • なんでもいいからコミュニケーションとって、
  • お互い何考えてるか反応みながら意思疎通をとる。
  • いい方向に導く問いかけをする。
  • その問いかけをどうしたらいい問いかけが出来るか考え続ける

  

  

2.お互い頑固

  • 柔軟な心の有無。
  • 臨機応変な姿勢の有無
  • お互い「自分が正しい」

  

  

3.「課題の分離」が出来てない

  • 『親離れ・子離れ』ができていない可能性がある
  • 精神的に自立できてない可能性がある
  • 対等な関係を築くことができてない可能性がある
  • 承認欲求に支配されている可能性がある
  •   

  

4.許す心の有無

  • 他人を批判したらした分だけ、自分にストレスが貯まる。
  • 他人を批判する=自分の思うようにいかないことの現れ
  • 他人の粗探しをするだけ無駄
  • 他人に依存、他人に執着してるから
  • 他人の行いに目を向けて、批判してしまう可能性がある

  

  

5.感謝する心の有無

  • この辛い現象は自分を成長させるために起きている、と考えてみるのも、ひとつの手。
  • どんな嫌な相手でも憎しみながらでも、「ありがとう」言い続ける。

  

  

6.素直さの有無

  • 素直に現実を受け入れる。他人の意見を素直に聞く。
  • 聞いた上でどうしたらお互い共存できるか考える。
  • 一緒に考えてみても。一人で考え続けてみても。

  

  

7.受け入れる心を持つスタンスの有無

  • 現実、他人、受け入れた上でどうしたらいい方向に持っていけるか考え続ける。
  • 考えるのやめたら終わり。
  • 答えのないものを追い続ける
  • 思い通りにならないのが当たり前だと考えてみる。
  • 世の中、他人は変えることはできない。
  • だから、自分自身に目を向けて、自分の思考から変えてく。
  • 自分がストレスを溜め込まないようにする考え方を身につける。
  • 変なプライドは捨てる。
  • 仕事の暦、年齢、その他、過去の自分が素晴らしいと思う経験も全て捨てる。
  • 「俺の方が上だぜ」って言ったところでどうしようもない。
  • 承認欲の否定

  

  

8.イライラする状態→セロトニン不足を疑ってみるのもひとつ。

  • セロトニン=幸せを感じるホルモン
  • セロトニンを出す方法=朝の運動、長時間の散歩、腸活、体内で炎症を起こさない食べ物を摂取する習慣、等

  

  

9.自己分析不足を疑ってみるのもひとつ。

  • 自分がどうゆう性格でどうゆう性質でどうゆうタイプなのか分析する。
  • その分析した状況下で、
  • 自分にとって、こーゆー人にはどう接したらいいのかな。って考え続ける。
  • 円滑にやってくためにはどうしたらいいのかな。って考え続ける

  

  

10.まとめ

✔️結論

人間関係は遠い方がいい

  

それが

適当な者間距離

  

  

  

おしまい

しみりょう について

興味があること: 人間関係論 結婚 仕事 内向型向け思考法 内向型向けビジネス 独身向けビシネス 冷え性対策 お酒との付き合い方 アドラー心理学 課題の分離 人生の嘘 哲学 音の治療 リーキーガット 腸活 反応しない練習 マインドフルネス アセンション
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です