自転車に乗って瞑想できる話

サイクリングは「動的瞑想」

   

   

     

    

    

自分の瞑想のやり方は、自転車に乗ってやる瞑想。

   

  

   

   

「動的瞑想」とも呼ばれるらしい。

   

歩行瞑想や、ランニング瞑想も、ヨガ瞑想も

 

これに分類されるらしい。

  

    

  

    

    

最初から瞑想する目的で

  

自転車に乗り始めたわけではない。

   

    

   

元々は自転車をいじるのが好きで

  

趣味で自転車の改造をしていた。

    

   

自転車をいじるのは小学校の頃から好きだった。

  

   

ひとりサイクリングは小学校の頃から好きだった。

   

  

   

  

ひとりでサイクリングに行くと

  

けっこう、瞑想状態に入りやすいことがわかったので

  

最近は、運動不足解消にプラスして

  

瞑想も意識して自転車に乗っている。

   

   

   

乗っていると、徐々に、雑念が途絶え、

  

無の状態が現れる。

   

  

  

無の状態が長い時間続くようになると、

   

「自分は今ここに存在している」

  

というはっきりとした存在感が出てくると共に、

  

心が安らぎ、周囲の車などの音が

  

クリアに聞こえるようになる。

   

   

   

究極の真実に目覚める感覚。

    

    

自分の中で、悟りが、自然的に開く。

   

   

  

    

    

長年、サイクリングしてきて改めて感じたこと。

   

   

   

サイクリングは「動的瞑想」

   

   

  

       

   

どんなに仕事が忙しくても

  

どんなに自分の人生が辛くても

  

誰も自分を不幸にすることはできない。

    

    

    

   

  

と言うわけで、今回は

   

自転車に乗ることが、

  

「自分にとって特別な意味をもつようになってきた」

  

というお話でした。

  

   

  

おしまい

しみりょう について

興味があること: 人間関係論 結婚 仕事 内向型向け思考法 内向型向けビジネス 独身向けビシネス 冷え性対策 お酒との付き合い方 アドラー心理学 課題の分離 人生の嘘 哲学 音の治療 リーキーガット 腸活 反応しない練習 マインドフルネス アセンション
カテゴリー: 「自転車 × 瞑想」, ロードバイク, 健康こそ最高の富, 運動は脳を喜ばせる パーマリンク